プラセンタの安全性は本当に大丈夫?今わかっている副作用とは…

更年期障害や肝機能障害の治療として、高いエイジングケア効果のため、様々な効果が期待できるプラセンタ注射。
でも、同時に様々な副作用の危険性もあるものとして、ちょっと調べただけでも出てきます。

今わかっている副作用はこんなものです。

  • 献血ができなくなる(ヒト由来のもののため)
  • ヤコブ病感染の危険性がある(直接的な因果関係はわかっていません)
  • 狂牛病に感染する危険性がある(含まれるタンパク質の問題)
  • 肝障害が起こる可能性がある(「注射」が体の負担になった場合)
  • じんましんや過敏症が起こる可能性がある(アレルギーが起こった場合)

ただ、これがどのくらいの確立で起こるのかというとそこまで高いものではありません

でも間違いなく言えるのは、プラセンタ注射は「ヒト」由来のプラセンタを注射しているということ。
輸血などでHIVやC型肝炎が発症したのと同じように、人から抽出したものなので何も起こらない可能性はゼロではない
ということなのです。

実際にプラセンタ注射を打ちに病院へ行くと、この副作用の危険性について、
お医者さんからしっかり説明を受け、同意書にサインすることが義務づけているところが大半です。

プラセンタ注射並みの効果が期待できるサプリメント、愛用者が増えてます

そこまでしてプラセンタ注射を打つべき…?ともし悩んだら

プラセンタ注射並みの効果が得られ、実際にプラセンタ注射から乗り換えている人も多いプラセンタサプリメント
1度試してみて、どれほどの効果か試してみてはいかがでしょうか。

そのプラセンタサプリとは、MF3羊プラセンタカプセル
これがおすすめできる理由は3つあります。

  • 高品質羊プラセンタが8,000mg濃縮配合。普通のサプリの40倍!
  • 自宅でプラセンタ注射並みのケアができるように、スイスで開発
  • 安全性が高い羊プラセンタを使用し、副作用の報告はゼロ。食品として毎日摂取できる

プラセンタ注射だと、1アンプル1,000mgなのに対して、このサプリメントは8,000mg
しかもサプリメントなので毎日摂取できますし、注射ではないので負担も少なく、効率良くプラセンタが摂取できるのです。

注射することと食品を摂ることは圧倒的な違いがあり、やはり注射は体への負担が大きいです。
一方、サプリメントで摂るということは「毎日ラム肉を食べているのと同じ」とも言えるそうです。
つまり、羊だから安全、というよりも、サプリメントだから安全、と言えるでしょう。

ちなみに価格もプラセンタ注射に比べるとトータルで考えたらかなり割安
通院の負担もなく、プラセンタ注射並みの効果が得られるのなら…、とまとめ買いをされている方、本当に増えています。

まとめ買いなら割引+返金保証付きMF3羊プラセンタカプセルの詳細を見る

商品情報

MF3羊プラセンタカプセル
商品名 MF3羊プラセンタカプセル
公式サイト http://placenta-wiki.jp/
通常価格/1日あたり 21,000円(30粒入り) 1日あたり633〜700円
原材料 濃縮羊プラセンタエキス・海洋性プロテイン・ビタミンC・大豆油・ミツロウ・バター・大豆レシチン・魚ゼラチン・グリセリン・ソルトビール乳脂肪・精製水・カラメル色素・カロテン色素・カプサイシン色素・ベタニン色素

このページの先頭へ